About

Living matter has adaptive mechanisms as categorized into four, sensory adaption, adaption by learning, physiological adaption, and evolutionary adaption. Learning from these adaptive mechanisms, we are particularly interested in using robots as moving sensor agents, that we call sensor agent robots, to gather information of buildings and resident. The information obtained by the sensor agent robots is used to record life phases of the environment relevant to buildings. We call this concept “biofied building” or “biofication of living spaces” and are working to integrate the concept. We are conducting research activities to realize “biofied building” here at Mita laboratory.

三田研究室では動力学や信号処理技術をベースとして、生命化建築と呼ぶ新しい建築の創造を目指した研究をしています。設計事務所、建設会社、不動産会社、シンクタンク、設備会社など、たくさんの企業と一緒に研究を推進しています。
研究室には多くの留学生がいてゼミは英語で行っています。海外の大学との交流も多く、たくさんの学生が国際会議に参加して、すぐれた研究発表を行っています。

例年夏に同じフロアの他の研究室(2017年は伊香賀研究室、小檜山研究室、ラドヴィッチ研究室、アルマザン研究室の予定)と合同で合宿を行っています。ここで4年生が卒業研究の中間発表をします。2月には三田研単独で新歓合宿を行います。2017年2月は、2泊3日で行先は那須でした。普段は種々のゼミや各研究テーマでの勉強会などの研究活動の一方で、スポーツ、旅行、飲み会などの楽しいイベントも盛りだくさんです。また、留学生と日常的に国際的な交流ができる場でもあります。

Photo

Access Map

Mita laboratory is located on the sixth floor of Sousoukan. The detailed map is available at http://www.st.keio.ac.jp/english/guide/.

矢上キャンパス
矢上キャンパス

三田研究室-14棟(創想館)6F –
三田研究室-14棟(創想館)6F