Structural Health Monitoring

MITA Laboratory, Department of System Design Engineering, KEIO University

Publications

Books 書籍

  1.     Horst Czichos Ed.
    "Handbook of Technichal Diagnostics, Fundamentals and Application to Structures and Systems"
    Springer
    pp.425-428 "Buildings" by Akira Mita (2013)
  2.     Kazuo Yoshida Ed.
    "System Design: Paradigm Shift from Intelligence to Life"
    21st Century COE Program, Keio University
    pp.113-121 by Akira Mita (2008.03)
  3.     吉田 和夫 編著
    「生命に学ぶシステムデザイン-知能化から生命化へのパラダイムシフト」
    慶應義塾大学21世紀COEプログラム
    pp.110-118 「4.3.2ロボットを活用した建築空間の生命」三田彰担当
    コロナ社(2008.03)
  4.     村上周三,北川良和 監著
    「サステナブル生命建築」
    pp.81-102 「第4章 神経系を持つサステナブル構造システム」三田彰担当
    共立出版(2006.02)
  5.     安藤 繁ほか 編著
    「センサネットワーク技術」
    pp.200-205 「建築物の健全性診断システム」三田彰担当
    東京電機大学出版局(2005.05)
  6.     三田彰(Akira Mita)
    「結構健康監視動力学(Structural Dynamics for Health Monitoring)」
    西安交通大学出版社 (中国語翻訳版) (2004.04)
  7.     社団法人日本機会学会編
    「技術者のための『自動制御技術』」
    pp.239-253 「建物の計測制御技術」三田彰担当
    社団法人日本機会学会(2004.02)
  8.     Akira Mita
    "Structural Dynamics for Health Monitoring"
    Sankeisha (2003.03)
  9.     インテリジェント材料/システム・フォーラム編
    「インテリジェント材料・技術の最新動向」
    pp.101-108 「3章5 建築・都市のリスク制御と性能表示」三田彰担当
    シーエムシー出版 (2003)
  10.     山本鎭男編
    「ヘルスモニタリング -機械・プラント・建築・土木構造物・医療の健全性監視-」
    p34-41 2.3 「光ファイバ・炭素繊維によるセンシング」
    p83-88 4.1 「システムのパラメトリック同定」三田彰担当
    共立出版 (1999)
  11.     日本建築学会編
    「建築荷重指針・同解説,第3版」
    pp.434-440「付7.1 建築物の動的解析と入力地震動」三田彰・武田正紀担当
    日本建築学会 (1998)
  12.     Mita, A.
    "Dynamic Response of Embedded Foundations: A Hybrid Approach,"
    Ph.D. Dissertation, Applied Mechanics and Engineering Sciences,
    University of California, San Diego, June (1986)
-
Copyright(C)2007 MITA Laboratory All Rights Reserved.